mkasumi.com



5月24日(土)に開催された、a-blog cms初心者向け勉強会 in 大阪でお話ししてきました。

内容は、初心者に向けて、基本的な静的なHTMLをa-blog cmsを使って動的にしていく方法をご紹介しました。やってることは前のa-blog cmsの春の合宿と同じですが、今回はハンズオン形式で、フォルトュナの坂本さんとアップルップルの山本さんに助けてもらいながら説明していきました。

あまり人前で話す機会はないのですが、来てくれていた方たちもすぐリアクションを返してくるような方が多かったので、発表しやすくて助かりました。

「a-blog cms初心者向け勉強会 in 大阪でお話ししました」のつづきを読む


Tag:a-blogcms CMS セミナー 

Posted by 森田かすみ at 13:51  Permalink

a-blog cmsの春の合宿「a-blog cms Training Camp 2014 in Spring」に参加しました。去年は1回しか開催されなかったので、私は今回が2回目の参加でした。

合宿では、「a-blog cmsとCSSフレームワークについて」というタイトルでお話ししました。今回はライブコーディングで発表したので、スライドは用意していません。 このままだと、どこにも残らないものになってしまうため、話した内容をまとめました。

「a-blog cmsとCSSフレームワークについてa-blog cmsの春の合宿で話しました」のつづきを読む


Tag:a-blogcms CMS 

Posted by 森田かすみ at 18:30  Permalink

a-blog cmsでは、同じユニットにもう一つテキストエリアを追加することでマルチ言語対応を可能です。日本語のサイトと英語のサイトを作りたいとき、同じコンテンツは同じエントリーで管理することができるようになります。構成が変わらないので、場合によっては同じモジュールIDを使い回すことができて便利です。


マルチ言語対応後のエントリーの例


この記事ではa-blog cmsのユニットのマルチ言語対応する方法をご紹介します。

「a-blog cmsのテキストユニットをマルチ言語対応する方法」のつづきを読む


Tag:a-blogcms CMS 

Posted by 森田かすみ at 13:21  Permalink

2.0から簡単なフォームであれば動的フォームが作れるようになりましたが、カスタムフィールドで動的フォームを作ることもできます。カスタムフィールドで作ると、さらに複雑なフォームを作れます。

今回私が作ったものはエントリーのカスタムフィールドの動的フォームです。 エントリーを作成したと同時にフォームの項目を更新することができ、エントリーとフォームの項目が連動しているため、エントリーとフォームの情報のズレがなくなります。

カスタムフィールドの動的フォームはブログやカテゴリーのカスタムフィールドでも作成できます。

途中、でてくるソースコードにはVer.2.0系のclassがあたっていますが、もともとVer.1.7で作成していたので、機能的には1.7でも実装可能です。

「a-blog cmsで作るカスタムフィールドの動的フォーム」のつづきを読む


Tag:a-blogcms フォーム CMS 

Posted by 森田かすみ at 17:55  Permalink

管理画面をカスタマイズするときに工夫していることは人それぞれ違うと思います。自分以外の人が作ったサイトの管理画面をみることなんてなかなかないので、この記事では私が使っているカスタマイズ方法を公開したいと思います。a-blog cmsを使い始めたばかりだとカスタマイズ方法のアイデアが思いつきにくいと思うので、a-blog cms初心者の方に向けて記事を書いていきます。

「a-blog cmsで作る運営者に優しい管理画面の実装方法」のつづきを読む


Tag:a-blogcms CMS 

Posted by 森田かすみ at 11:38  Permalink

プロフィール

森田かすみ

名古屋のWeb制作会社でマークアップエンジニアとして働いています。マークアップ勉強会名古屋という勉強会の主催もやっています。

  • はてなブックマーク

カテゴリー