曜日を日本語変換するa-blog cmsの校正オプションの作成方法

Published

先日、a-blog cmsのカスタムフィールドグループを出力するloopの中ではtouchブロックが使えないことが発覚し、校正オプションを自分で作って対応しました。

PHPを触ることになるのですが、PHP無知識のわたしでも変更できたのでPHPできないひとにも安心だと思います。といっても無知識のまま触るのも怖いと思うので、ブログ記事にしました。

編集するファイルの場所: php > ACMS > User > Corrector.php

記述の仕方:

function en2JaDay($txt)
    {
        $en2Ja='';
        switch ($txt){
            case 'mon':  $en2Ja = '月';break;
            case 'tues':  $en2Ja = '火';break;
            case 'wed':  $en2Ja = '水';break;
            case 'thurs':  $en2Ja = '木';break;
            case 'fri':  $en2Ja = '金';break;
            case 'sat':  $en2Ja = '土';break;
            case 'sun':  $en2Ja = '日';break;
            }
        return $en2Ja;
    }

上記のソースコードの場合、

{カスタムフィールドの変数名}[en2JaDay]

と書くことで校正オプションが使用できます。

もう少し詳しく説明します。

function ○○($txt)
    {
        $△△='';
        switch ($txt){
            case '□□1':  $△△ = '■■1';break;
            case '□□2':  $△△ = '■■2';break;
            case '□□3':  $△△ = '■■3';break;
            case '□□4':  $△△ = '■■4';break;
            case '□□5':  $△△ = '■■5';break;
            case '□□6':  $△△ = '■■6';break;
            case '□□7':  $△△ = '■■7';break;
            }
        return $△△;
    }
  1. ○○には構成オプション名を記入します。
  2. △△にあたるものは同じものを記入します。
  3. □□1〜□□7についてはカスタムフィールドの値を記入します。
  4. ■■1〜■■7については、□□1〜□□7を変換したい文字を記入します。

touchブロックが使えなかったという理由で今回作りましたが、touchブロックは書くとコードが長くなってしまうので、スッキリさせたいというときにも便利かもしれません。

関連している記事

著者について

森田 かすみ

名古屋のWeb制作会社でマークアップエンジニアとして働いています。呼ばれれば登壇もします。Frontend Nagoya主催。ストレス発散方法はかっぱのイラストを描くこと。