mkasumi.com



最近、学校の卒業制作をメインにしているせいで勉強ができず、ブログの更新ができていませんでした…。ちょっと反省して、少し前から勉強しているbootstrapについて書いてしまおうかと思います。

bootstrapとは、twitter bootstrapのことです。
ほかの学生さんにbootstrapのお話をしたところ、意外と知られていないことに気づきました。

twitter bootstrap

CSSのフレームワークで、twitterや、ドットインストールに使われています。

CSSのフレームワークっていうのは、自分でCSSを書かなくても、HTMLとクラスだけ書いていけばなんとなくかっこいいデザインになってくれる便利なもののことです。

私はbootstrapと、a-blogcmsを一緒に使って勉強しているので、結構早くに大体の形ができてきました。そのため、ほんとに、ほぼクラスしか書いていない状態です。bootstrapというか、a-blogcmsの勉強みたいな感じになってるときもあるくらいです。

それでもきっと、bootstrapをやっていって、自分の中でbootstrapやa-blogcms以外のの基本的なことの引き出しが増えていってると思うんです。
bootstrapを勉強しながら、CSSでできることを学んだり、ドロップダウンとかの名称を覚えたり、html5の勉強にもなりました。

私が実際にbootstrapを使って感じたこと

  • グリッドシステムが使われていて、便利
  • あんまりCSS書けなくても大丈夫
  • 簡単にレスポンシブ対応にできる
  • すばやくカッコイイデザインが作れる

■グリッドシステム

新しくグリッドシステムのことも学びました。普段のサイト作りでは使わないので、「そんなものがあるのか」から始まりました。
あんまり詳しくは理解していませんが、とりあえず、幅を指定するときに便利です。

■あんまりCSS書けなくても大丈夫。

はじめからCSSがあるので、あんまり書けなくても大丈夫です。
「あんまり」っていうのは、自分で書き足さないといけないためです。
どうしてもmarginとかpaddingとかを書き足さないと、詰め詰めになってしまって、見づらくなってしまいます。

■簡単にレスポンシブ対応にできる

私、レスポンシブサイトの作り方、わかりません。(一度勉強しようとしてみたけど、まだ理解できなかったため)
ですが、レスポンシブにできました。
フレームワーク、ほんとすごいと思いました。
少し憧れだったレスポンシブサイトが簡単にできてしまいました。

■すばやくカッコイイデザインが作れる

クラスを書いていくだけなので、ぱぱっとナビやボタンができていきます。あんまり自分でCSS書かなくて良いんで早いです。
でも、ちょっと気になるところがあるんです。

・ナビバーや、ボタンのデザインが他の人と一緒。
同じCSS使っているので、当然ナビバーとかボタンとか一緒になってしまいますよね。
まあ、ナビバーやボタンくらい人と一緒でも良いサイトさんもあるだろうし、人それぞれなんですが。
個性的な自分だけのサイトとか作ろうとしている人には向いてないと思います。そんな人はフレームワークなんか頼らずに自分でCSS書いてしまいそうですが…。
確かにbootstrapは便利だけれど、自分でCSSを書いた方が愛着はわくと思いました。

この記事を書いて、まだまだbootstrapについてわかっていないことが多いことに気づきました。特にグリッドシステムとか。
そして、やっぱりレスポンシブサイトをフレームワークなしで自分の力で作ってみたいとかも思いました。
果たしていつになるやら…といった感じですが。
そのためには、とりあえず学校の卒業制作を早く終わらせることにします!

それでは。


Tag:Bootstrap a-blogcms 

Posted by 森田かすみ at 20:37  Permalink

関連エントリー

comments powered by Disqus

プロフィール

森田かすみ

名古屋のWeb制作会社でマークアップエンジニアとして働いています。マークアップ勉強会名古屋という勉強会の主催もやっています。

  • はてなブックマーク

カテゴリー