印刷用CSS

Published

やっと日曜日に色彩検定が終わりました!
と、いうことでウェブの勉強を再開したいと思います。
最近、印刷用のCSSというものを知りました。
印刷用CSSとは簡単に言ってしまうとウェブ上の画面を印刷したとき用のCSS、そのまんまのことです。
ウェブ上の画面をそのまま印刷すると、レイアウトが崩れしまったり、読みにくくなってしまうことがあるみたいです。
それを防ぐのが印刷用CSSです。
印刷用CSSを用意しておけば、印刷されたときに印刷用CSSが適用されます。

印刷用CSSでできること

  • フォントの指定
  • 印刷に不要な内容の非表示化
  • 印刷時にリンクURLを出力する

印刷用CSSで気をつけること

  • 印刷可能領域の制限
  • 印刷したときの改ページ位置
  • マルチカラムレイアウト

印刷用CSSという機能がありますが、パソコンのモニタをそのまま印刷したい!という場合には、キャプチャやプリントスクリーンのほうが良いみたいですね〜。
私もウェブサイトを印刷したいときには、用途を分けて使用したいと思います。

関連している記事

著者について

森田 かすみ

名古屋のWeb制作会社でマークアップエンジニアとして働いています。呼ばれれば登壇もします。Frontend Nagoya主催。ストレス発散方法はかっぱのイラストを描くこと。