WCAN 2016 Winter でライトニングトーク枠で登壇しました

Published


2016年12月3日に開催された WCAN 2016 Winter でライトニングトーク枠として登壇しました。

AMP対応するとき、WordPressだったらプラグインが用意されていたり、Drupalだったらテンプレートが用意されています。それでは、他の更新システムの場合はどうすればいいのでしょうか。ライトニングトークでは、私が実際に1からAMP対応した流れを説明しつつ、気をつけたいと思ったところを数点ピックアップしてご紹介しました。


1から始めるAMP対応 from Kasumi Morita

当日は「森田さんのライトニングトーク聞きにきたよ!」と言ってくれた方がいてとてもうれしかったです。たかが5分と思っていましたが、されど5分ですね。

久しぶりにライトニングトークしてみましたが、30分話すよりもいかに短縮するか話を見直さなければいけないところがつらい。時間があれば己の力を鍛えるためにまた挑戦してみてもいいかなと思いました。

最後に

それでは、ささやかな時間ではありましたが、WCAN 2016 Winter で「1から始めるAMP対応」を聞いていただいたみなさま、ありがとうございました。ちなみに、a-blog cms でAMP対応する方法についてはまた別のスライドがありますので、a-blog cms ユーザーの方はこちらをご覧ください。

関連している記事

著者について

森田 かすみ

名古屋のWeb制作会社でマークアップエンジニアとして働いています。呼ばれれば登壇もします。Frontend Nagoya主催。ストレス発散方法はかっぱのイラストを描くこと。